車買取業者の選び方と比較

車買取業者はどうやって選ぶのが良いのでしょうか。

そんな疑問を持っている人は多いのではないでしょうか。

愛車を売る時にこんなにも業者の対応がちがうものなのかというレポートです。その内容の2つの違いの事実をお伝えします。

売却と申しましても、私の場合、車は全てオークションで購入するのが趣味で購入する車両はほとんど走行距離が10万キロを超えているものが殆んどで売却の値段はつきません。

それでも2つの業者の対応のお話をします。

1.買取専門業者Aの話

売却を考えたのは10万キロ超えのオークションで購入した軽自動車です。(ダイハツです。)さすがに購入後7年が経ちましたが、性能はそれほど衰えていませんでしたが、経済的にこの車を維持するのがつらくなったので思い切って売却の相談をしました。この時に立ち寄った業者には、本人の所有確認が終了した時点で買取(とはいえ値段はつきません。)が成功しました。その業者の親切さは今でも忘れません。かかる費用も一切無く、税金の中途分も返却してもらいはっきり言って助かりました。オークションで購入する趣味がある私は次回も同じ手法で軽自動車を購入し、又、経済的に困った時にこのような業者にお願いしようと思っていました。

2.通常の車販売店Bの話

前回の売却事情のつもりで今回も前回と同じように10万キロ超えの軽自動車をオークションで購入して5年が過ぎようとしていました。又、例によって経済面がきつく、前回と同じパターンを考えていましたが、前回と同じ業者ではない業者を見つけ交渉しました。その時、愕然としたのは、

① 引き取り代金として4万円頂きます。(もちろん買取査定はありません。)

② 事務手数料として1万5千円頂きます。

という大変ショックな料金を言い渡されてしまいました。こんなに買取事情というのがちがうものなのでしょうか?しかし、私の売る車の状態がひどいものなのでむりもありませんが…。でも買取専門の業者の車両裁きは見事あっぱれと言う感じは否定できません。どのようにして費用をかけずに車両を処分できるのでしょう?凄い勉強になりました。

車両を売る時は、少しでも高く売れるようにいろいろな業者に相談されると言いと思いました。(ただ、同じ系列の買取業者ではなく、ランダムに別業者を調査することをお奨めします。少しでも良い業者との出会いをお奨めします。そして素晴らしいカーライフをお過ごしいただくことを祈ります。

※ 日本の車は大変性能が良いので買う時も売る時も常に性能が良いので売買交渉には非常に有利と感じます。